ニュース 2014.12.03. 18:35

ゴールデン・グラブ賞の歴代記録あれこれ 最多受賞は“世界の盗塁王”!

守備の名手に贈られるゴールデン・グラブ賞のトロフィー
 3日、プロ野球の守備の栄誉「第43回 三井ゴールデン・グラブ賞」の表彰式が都内ホテルにて行われ、2014シーズンを彩ったセ・パの守備の名手たち18名が表彰を受けた。

 1972年に「ダイヤモンドグラブ賞」の名前で創設されたこのタイトル。1986年から現在の「三井ゴールデン・グラブ賞」と名前を変えて、守備でチームに貢献した選手たちを表彰してきた。

 過去、最も多くこの賞を受賞したのは阪急で活躍した“世界の盗塁王”こと福本豊氏。実に12回もこの賞を受賞している。しかも、1972年から1983年まで12年連続で受賞という連続受賞記録も保持しているという、もはや“ミスター・ゴールデングラブ”と言っても過言ではないくらいの輝かしい実績だ。

 セ・リーグの最多受賞記録は山本浩二(広島)、駒田徳広(巨人・横浜)、古田敦也(ヤクルト)、宮本慎也(ヤクルト)が記録した10回。山本浩二氏は、1972年から1981年まで10年連続受賞というセ・リーグ記録を保持している。

 現役選手ではオリックスの糸井嘉男が2009年から今年まで6年連続で受賞を果たしているが、それでも福本氏の半分。果たして、この記録を打ち破る選手は現れるのだろうか。

【各ポジションごとの最多受賞者】
◆ 投手 =8回
西本聖(巨人ほか)、桑田真澄(巨人)

◆ 捕手 =11回
伊東勤(西武)

◆ 一塁手 =10回
駒田徳広(巨人・横浜)

◆ 二塁手 =8回
辻発彦(西武)

◆ 三塁手 =6回
掛布雅之(阪神)、岩村明憲(ヤクルト)

◆ 遊撃手 =8回
山下大輔(大洋)

◆外野手 =12回
福本豊(阪急)

【最多受賞外国人選手】 =4回
ライトル(広島)
マルカーノ(阪急)

【最年長/最年少受賞】
◆ 最年長
パ:稲葉篤紀(日本ハム)2012年・40歳3カ月
セ:宮本慎也(ヤクルト)2012年・41歳11カ月

◆ 最年少
パ:松坂大輔(西武)1999年・19歳1カ月
セ:立浪和義(中日)1988年・19歳2カ月

【満票受賞】
1972年 大橋穣(阪急)
1972年 堀内恒夫(巨人)
1972年 高田繁(巨人)
1974年 有藤通世(ロッテ)
1974年 王貞治(巨人)
1975年~1979年 山本浩二(広島)
1976年~1979年 福本豊(阪急)
1979年 梨田昌孝(近鉄)
1990年 秋山幸二(西武)
1992年 飯田哲也(ヤクルト)

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 70 45 2 -
2 巨人 60 51 3 8
3 DeNA 54 60 3 7.5
4 阪神 53 62 3 1.5
5 ヤクルト 52 65 1 2
6 中日 48 67 3 3
順位チーム
1 ソフトバンク 67 41 5 -
2 日本ハム 70 43 1 -
3 ロッテ 61 53 1 9.5
4 楽天 48 59 3 9.5
5 西武 50 64 2 1.5
6 オリックス 44 67 1 4.5
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ