ニュース

【米球宴】ア軍が3連勝!MVPは2年連続でトラウト ナ軍の15奪三振は球宴新記録

無断転載禁止
初回に先頭打者弾を放ち、2年連続で球宴MVPに輝いたエンゼルスのトラウト(右) [Getty Images]
● ナ・リーグ 3 - 6 ア・リーグ ○
<現地時間14日 グレートアメリカン・ボールパーク>

 現地14日(日本時間15日)に行われた大リーグの第86回オールスターゲームは、6-3でアメリカン・リーグが勝利。これで通算成績はア軍の41勝43敗2分。MVPには先頭打者弾を放ったトラウト(エンゼルス)が、2年連続で選ばれた。

 ア軍は初回、1番トラウトがいきなり先頭打者ホームランを放ち先制。5回には代打・フィルダー(レンジャーズ)、5番ケーン(ロイヤルズ)が連続タイムリーを放ち、2点を追加した。

 フィルダーは7回にも、チーム5点目となる犠牲フライを放ち2打点目。8回には途中出場のドジャー(ツインズ)が、球宴初出場初打席で豪快な一発を放った。

 対するナ軍は、投手陣が奪三振ショーを展開。先発のグリンキー(ドジャース)は先頭打者弾こそ浴びたものの、2回を投げ4奪三振。5番手のデグローム(メッツ)も力勝負で3三振を奪うと、本拠地で最終回を託さたチャップマン(レッズ)は165キロの直球を連発し、三者三振の圧巻投球で地元ファンの喝采を浴びた。

 ナ軍は8投手のリレーで計15奪三振をマーク。これまでの13奪三振を上回り、球宴最多記録を打ち立てた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西