ニュース

【高校野球】今夏の甲子園大会で本塁打、打点が多かった選手は?

 8月6日から開幕した『第97回 全国高校野球選手権大会』だが、20日に決勝戦が行われ、東海大相模が全国制覇を成し遂げ大会が終了した。今大会の本塁打と打点のランキングを見ていきたい。

 今大会最も本塁打を放ったのは、仙台育英の平沢大河と九州国際大付の山本武白志(むさし)の3本。平沢は仙台育英の3番打者として、3本塁打と長打力を発揮し、準優勝に大きく貢献した。山本は、2回戦の大阪偕星戦で2本のアーチを描くと、3回戦の作新学院戦でも本塁打を放つなど2試合連続本塁打を記録した。ちなみに山本の父は、現役時代巨人やロッテで活躍し、引退後はロッテの監督を務めた山本功児の息子だ。

 打点が最も多かったのが、早稲田実業の富田直希と清宮幸太郎の8打点。富田は1回戦、今治西戦で2打点、準々決勝の九州国際大付戦では、2打席連続本塁打を含む4打点を挙げた。清宮は、1回戦の今治西戦、タイムリーで初打点を挙げると、3回戦の東海大甲府戦では、本塁打を含む3安打5打点と大暴れ。準決勝の仙台育英戦を除いた4試合、全てで打点をマークした。

 3年生がランクインしている中で、清宮は1年生ながら打点部門で1位。清宮は後、4回甲子園に出場するチャンスがある。来年以降も甲子園で本塁打、打点を挙げることができるだろうか。

 夏の甲子園大会の本塁打と打点ランキングは以下の通り。

●本塁打ランキング
1位 3本 平沢大河(仙台育英)
1位 3本 山本武白志(九州国際大付)
3位 2本 清宮幸太郎(早稲田実)
3位 2本 富田直希(早稲田実)
3位 2本 長嶋亮磨(関東一)

●打点ランキング
1位 8打点 清宮幸太郎(早稲田実)
1位 8打点 富田直希(早稲田実)
3位 7打点 磯網栄斗(東海大相模)
4位 6打点 杉崎成輝(東海大相模)
4位 6打点 豊田寛(東海大相模)
4位 6打点 平沢大河(仙台育英)
4位 6打点 佐藤世那(仙台育英)
4位 6打点 佐藤将太(仙台育英)
4位 6打点 オコエ瑠偉(関東一)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西