ニュース

ノムさん、ヤクルト・真中監督に辛口エール「胴上げするまで気を緩めるな!」

無断転載禁止
ヤクルトの真中満監督[BASEBALLKING]
 27日、『S1』(TBS系)に野村克也氏がVTR出演し、同日に行われた2位巨人対首位ヤクルトの首位攻防戦を解説した。

 前日、ヤクルトは巨人に敗れたものの、この日の試合に勝利すると優勝マジック3、引き分けでマジック4が点灯する大一番となった。両チーム無得点で迎えた5回表に試合が動く。ヤクルトが連打と犠打で一死二、三塁のチャンスを作ると打席には、ピッチャーの石川雅規。短くバットを持った石川は、巨人のエース・菅野智之の変化球をライト前に弾き返すタイムリーで先制。石川のバッティングに野村氏は「変化球だよな。ナイスバッティングだね」と称賛した。さらに、続く上田剛史の内野ゴロの間に1点を加え、2点を先制したヤクルト。

 すると、巨人もその裏に反撃。一死後四球と安打で一死二、三塁とする。ここで投手の菅野に打席が回ってくるが、原辰徳監督は代打に大ベテランの井端弘和を送る。井端は原監督の起用に応え右方向へ大きな打球を放つも、右翼・雄平のファインプレーに阻まれ、犠牲フライの1点のみに終わる。雄平の守備に野村氏は「よく取った。超ファインプレーだ」と話し、「井端ということでライン際に守っていたのが大正解」とした。また、三塁からホームへ生還した岡本に対しても「よう、サードランナーがあの当たりでホームへ還ったね」と走塁を褒めた。

 ヤクルトは6回以降、毎回のようにピンチを作るも、小刻みな継投で1点のリードを守り抜き勝利。138試合目でヤクルトに優勝マジック3が点灯した。野村氏は「真中!今日勝ったからって優勝が決まったわけじゃないからね。胴上げするまで気を緩めるな。あと1つ勝つのがいかに難しいか味わってもらいたい」とエールを送った。

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西