ニュース 2015.12.08. 18:00

広島・黒田、来季も現役続行 大卒では46年ぶりの200勝達成に期待大!

来季も現役続行が決まった広島の黒田博樹 [BASEBALLKING]
 現役続行か引退かで注目を集めていた広島の黒田博樹は8日、来季も現役を続けることが決まった。

 現役続行が決まった黒田は、来季日米通算200勝達成の期待がかかる。日本で通算200勝を最後に達成したのは、08年の山本昌(中日)。仮に黒田が来季、日米通算200勝達成すれば、山本昌以来8年ぶりの快挙となる。

 日米通算200勝を目指す黒田は、96年ドラフト2位で広島に入団。1年目に6勝をマークしたが、2年目以降は1勝、5勝、9勝と今ひとつ伸び悩んでいた。初めて二ケタ勝利を達成したのは、プロ5年目。この年12勝をマークし、広島のエースに成長。その後は力強いストレートを武器に、メジャー挑戦前の07年までに通算103勝を挙げた。

 08年のメジャー挑戦後は、ストレート主体からツーシームを主体の投球スタイルに変更。最初の2年間は9勝、8勝と二ケタ勝利に届かなかったが、10年から5年連続二ケタ勝利。メジャーを代表する強打者を次々にねじ伏せていった。

 そして昨オフ、約20億円のメジャーオファーを断り、8年ぶりに広島に復帰。今季は、復帰後初戦のヤクルト戦で初勝利を挙げると、故障で登録抹消した時期もあったが、11勝をマーク。

 今季終了した時点で黒田の日米通算勝利数は193。日米通算6年連続二ケタ勝利を記録していることを考えれば、来季中の記録達成は濃厚。もし200勝を達成すれば、大卒出身では藤本英雄、若林忠志、杉下茂、村山実に続き5人目の快挙なる。

黒田博樹
【日米通算成績】
509試 193勝176敗1S 防3.53

【日本通算成績】
297試 114勝97敗1S 防3.59

【メジャー通算】
212試合 79勝79敗0S 防3.45

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 56 35 2 -
2 巨人 44 43 3 10
3 DeNA 44 46 3 1.5
4 ヤクルト 42 51 1 3.5
5 中日 40 50 3 0.5
6 阪神 38 52 3 2
順位チーム
1 ソフトバンク 57 27 5 -
2 日本ハム 54 33 1 4.5
3 ロッテ 50 39 1 5
4 楽天 35 49 2 12.5
5 西武 37 52 2 0.5
6 オリックス 33 53 0 2.5
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ