ニュース 2015.12.27. 13:33

阿部、相川の復帰に加藤の台頭 G小林の3年目は茨の道!?

昨秋は日米野球の日本代表にも選ばれた小林誠司[Getty images]
 巨人の小林誠司捕手が来季、勝負のプロ3年目を迎える。

 今季は阿部慎之助の一塁コンバートもあり、開幕スタメンの座を掴んだ。しかし、波に乗れないチームの中で自らも安定感を欠き、初の二軍落ちを経験。相川亮二の2度の故障もあり1年目を上回る70試合に出場したが、打率.226、2本塁打、13打点の成績に終わり、正捕手確保のチャンスを逃した。

 契約更改では100万円アップの2600万円と微増。「来季は見返すつもりでやっていきたい。守備だけではなくて、打つほうでもしっかりアピールして、自分自身がチームを引っ張っていけるように」と新シーズンへの抱負を語った。

 来季からは高橋新体制となり、ここへ来て阿部の捕手再転向案も浮上している。投手陣からも阿部の捕手復帰を望む声が出ており、正捕手を狙う身としては複雑な心境だろう。

 さらに今季は、チーム一筋17年の加藤健がキャリア最多となる35試合に出場。後半戦はアーロン・ポレダの専属捕手として存在感を示した。相川も2度の故障に泣きながらも打率.313をマーク。「チームの力になれなければ、身を引くとき」と、引退覚悟でプロ22年目のシーズンに挑む。他にも控え捕手としての実績十分な実松一成もおり、捕手陣には実績のあるベテランが顔を揃える。

 チームとしても得点力アップを優先するのであれば、打力に長ける阿部や相川を中心に据えるのも一手。阿部は首痛を抱えるなど満身創痍だが、捕手起用が可能ならば一塁に新戦力のギャレット・ジョーンズ等、長打力のある打者を置くことができる。ディフェンス面の不安はあるが、そこは12球団1位の防御率(2.78)を誇る投手陣。ベテラン勢の衰えも、共同作業である程度は軽減できるはずだ。

 ただし、来季で相川が40歳、阿部が37歳、加藤と実松が35歳と、捕手陣の高齢化は深刻。27歳となる小林が正捕手に君臨できればベストだが、今季を見る限り、淡泊な打撃やリード面など課題は多い。

 常に勝利が求められるチームの中では、コツコツと結果を積み上げて行くしかない。仮にキャンプ、オープン戦でアピールに失敗すれば、プロ初の開幕二軍スタートもあるかもしれない。(金額は推定)

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 56 35 2 -
2 巨人 44 43 3 10
3 DeNA 45 46 3 1
4 ヤクルト 42 52 1 4.5
5 中日 40 51 3 0.5
6 阪神 39 52 3 1
順位チーム
1 ソフトバンク 58 27 5 -
2 日本ハム 55 33 1 4.5
3 ロッテ 51 39 1 5
4 楽天 35 50 2 13.5
5 西武 37 53 2 0.5
6 オリックス 33 54 0 2.5
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ