ニュース 2015.12.27. 16:20

ブレイク必至!来年の“年男”でファンの期待を集めたのは…?【パ・リーグ編】

来年24歳で年男を迎える日本ハムの西川遥輝[BASEBALLKING]
 クリスマスも過ぎ、いよいよ残りわずかとなった2015年。新年がすぐそこに迫っている。

 来年の干支は申年。1992年生まれの選手たちはプロに入ってから初めて「年男」のシーズンを迎えることになる。

 今年もDeNAの筒香嘉智やロッテの西野勇士、日本ハム・中島卓也といった未年の選手たちが活躍を見せ、年男のシーズンで飛躍を遂げており、来年にかかる期待も大きい。

 そこで、今回はパ・リーグの申年選手たちに注目し、アンケートを実施。ブレイクに期待がかかる1992年生まれの選手4名の中から、最も期待する選手を選んでもらった。

 ピックアップしたのは、牧原大成(ソフトバンク)、西川遥輝(日本ハム)、中村奨吾(ロッテ)、福田将儀(楽天)の4人。ファンの期待を最も集めた選手とは…。結果は以下の通り。

◆ パ・リーグの申年選手で期待するのは?
(総投票数:3689票)

1位 西川遥輝(日本ハム) 2066票(56%)
・1992年4月16日生まれ
[今季成績] 125試 率.276 本5 点35

☆2014年には143試合に出場し、盗塁王のタイトルも獲得。今シーズンから背番号「8」に変更してさらなる飛躍を目指すも、最終盤で二軍降格を経験するなど、苦しい1年となった。来季は背番号「7」で再スタートを切る。


2位 中村奨吾(ロッテ) 848票(23%)
・1992年5月28日生まれ
[今季成績] 111試 率.230 本5 点21

☆2014年のドラ1ルーキー。二塁の他にも三塁や外野も任され、1年目から111試合に出場した。今江敏晃、ルイス・クルーズが抜けた内野陣の中で最も飛躍に期待がかかる選手となっている。


3位 牧原大成(ソフトバンク) 480票(13%)
・1992年10月15日生まれ
[今季成績] 43試 率.159 本0 点4

☆昨年ウェスタンで首位打者と最多安打のタイトルを獲得し、オフの21U・W杯でも活躍。今年のブレイクに期待がかかったものの、チャンピオンチームの分厚い壁を乗り越えることはできなかった。来季こそ巨大戦力に割って入りたい。


4位 福田将儀(楽天) 295票(8%)
・1992年4月17日生まれ
[今季成績] 67試 率.216 本1 点12

☆2014年のドラフト3位ルーキー。貴重な右打ちの外野手として、1年目から67試合に出場した。2年目の定位置確保に期待がかかる。

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 28 21 1 -
2 中日 23 23 3 3.5
3 巨人 22 22 3 0
4 阪神 23 24 3 0.5
5 DeNA 22 24 3 0.5
6 ヤクルト 23 27 1 1
順位チーム
1 ソフトバンク 28 13 4 -
2 ロッテ 28 19 1 3
3 日本ハム 24 22 1 3.5
4 西武 21 25 2 3
5 オリックス 18 27 0 2.5
6 楽天 15 28 2 2

インフォ

おすすめ