ニュース

大きな増減が連発した契約更改…2016年の年俸トップ10は?

無断転載禁止
順位が入れ替わった2016年の年俸ランキング[BASEBALLKING]
 いよいよ残りわずかとなった2015年。各チームは大方、所属する選手との交渉を終えて新年を迎えようとしている。

 今年の契約更改で衝撃を与えたのが、高年俸選手たちの大幅ダウン。巨人の阿部慎之助は、1億8400万円ダウンの3億2600万円で契約を更改。「球界最高年俸」の看板を下ろすことになった。

 さらに大きな衝撃を与えたのが、こちらも巨人の杉内俊哉。これまでの史上最大となる4億5000万円のダウンで更改。会見は行なわず、文書で「チームにとって4連覇のかかる重要な時期に全く戦力になれなかったことをとても悔しく思います」と謝罪した。

 大幅ダウンもあれば、大幅アップもある。

 阿部に代わって球界最高年俸の座に就いたのが、広島の黒田博樹。金子千尋が現状維持の5億円で更改し、「球界最高」となったのもつかの間、黒田が2億円アップの6億円でサイン。一気に「球界最高」に躍り出た。

 大きな増減により、順位も入れ替わった年俸ランキング。現時点での日本人選手の年俸トップ10は以下の通り。

2016年・日本人選手年俸トップ10

1位 【6億円】 
黒田博樹(広島)

2位 【5億円】
金子千尋(オリックス)

3位 【4億1000万円】
中村剛也(西武)

4位 【4億円】
摂津正(ソフトバンク)
和田毅(ソフトバンク)※3年総額12億
松田宣浩(ソフトバンク)※4年総額16億円+出来高
内海哲也(巨人)
鳥谷敬(阪神)

9位 【3億5000万円】
五十嵐亮太(ソフトバンク)
中島裕之(オリックス)

※未更改
松坂大輔(ソフトバンク)
・2015年から3年総額12億円で契約


2015年・日本人選手年俸トップ10

1位 【5億1000万円】
阿部慎之助(巨人)

2位 【5億円】
金子千尋(オリックス)
杉内俊哉(巨人)

4位 【4億円】
松坂大輔(ソフトバンク)※3年総額12億円
摂津正(ソフトバンク)
内海哲也(巨人)
鳥谷敬(阪神)
黒田博樹(広島)

9位 【3億8000万円】
中村剛也(西武)

10位 【3億5000万円】
中島裕之(オリックス)
糸井嘉男(オリックス)

※金額はすべて推定
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西