ニュース 2015.12.30. 12:00

1、2位は大阪桐蔭出身のあの選手たち NPB最近5年間の打点数トップ10

最近5年間のNPB打点ランキング1位の日本ハム・中田翔 [BASEBALLKING]
 今季はセ・リーグが畠山和洋(ヤクルト)、パ・リーグは中村剛也(西武)が打点王のタイトルを獲得したが、この5年間で打点を最も挙げている選手を見ていきたい。

 1位は11月に行われたプレミア12の日本代表として、大会トップの打点数を記録した中田翔(日本ハム)。11年からの5年間で中田は、443打点を記録。年度別でみてみると、11年が91打点、12年が77打点、13年が73打点、14年が100打点、15年が102打点とコンスタントに打点を稼いでいる。日本ハムの4番打者として、打点数にこだわる男が第1位となった。

 2位は今季打点王の中村。大阪桐蔭の後輩・中田に負けてしまったが、15年は自己最高の124打点。11年にも116打点を記録するなど、中田と同じようにこの5年間で、2度100打点以上をマークしている。中村が中田に勝てなかった要因として、13年の打点の少なさが挙げられる。この年は故障で、ほぼシーズンを棒に振ったこともあり15打点。13年も今季のような活躍を見せていれば、1位になれたかもしれない。

 3位は中村と同学年の松田宣浩(ソフトバンク)。松田も故障で離脱するシーズンがあったが、11年が83打点、13年が90打点、そして15年が自己最多の94打点と、1年間フルで戦ったシーズンは80打点以上マークしている。

 また、上位3名はパ・リーグ勢となったが、セ・リーグ勢の最上位は4位畠山の375打点。今季打点王に輝いた畠山は、12年と13年の打点数が伸びなかったが、その他の年は70打点以上を記録した。

【2011年以降の5年間で最も打点を挙げている選手トップ10】
1位 中田翔(日本ハム)
【5年間の打点数】443打点
【5年間のシーズン最多打点】102打点(15年)

2位 中村剛也(西武)
【5年間の打点数】424打点
【5年間のシーズン最多打点】124打点(15年)

3位 松田宣浩(ソフトバンク)
【5年間の打点数】379打点
【5年間のシーズン最多打点】94打点(15年)

4位 内川聖一(ソフトバンク)
【5年間の打点数】375打点
【5年間のシーズン最多打点】92打点(13年)

4位 畠山和洋(ヤクルト)
【5年間の打点数】375打点
【5年間のシーズン最多打点】105打点(15年)

6位 バレンティン(ヤクルト)
【5年間の打点数】363打点
【5年間のシーズン最多打点】131打点(13年)

7位 阿部慎之助(巨人)
【5年間の打点数】360打点
【5年間のシーズン最多打点】104打点(12年)

8位 李大浩(ソフトバンク)
【5年間の打点数】348打点
【5年間のシーズン最多打点】98打点(15年)
※2012年入団

9位 ブランコ(オリックス)
【5年間の打点数】333打点
【5年間のシーズン最多打点】136打点(13年)

10位 浅村栄斗(西武)
【5年間の打点数】328打点
【5年間のシーズン最多打点】110打点(13年)

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 28 23 1 -
2 阪神 25 24 3 2
3 中日 24 24 3 0.5
3 DeNA 24 24 3 0
5 巨人 22 24 3 1
6 ヤクルト 24 28 1 1
順位チーム
1 ソフトバンク 30 13 4 -
2 ロッテ 28 21 1 5
3 日本ハム 25 23 1 2.5
4 西武 21 26 2 3.5
5 オリックス 19 27 0 1.5
6 楽天 16 29 2 2.5

インフォ

おすすめ