ニュース

一軍に負けていない?知名度が高い二軍監督たち

無断転載禁止
現役時代はメジャーでもプレーしたオリックスの田口壮二軍監督  [Getty images]
 工藤公康(ソフトバンク)、高橋由伸監督(巨人)、金本知憲監督(阪神)など現役時代に大活躍した選手が一軍の監督を務める中、二軍監督も知名度では負けていない。

 今季から阪神の二軍監督に就任した掛布雅之監督は、現役時代“ミスター・タイガース”と呼ばれ、球団初の日本一に輝いた85年には4番打者としてチームを牽引した。88年に現役引退してから、指導者として阪神のユニフォームに袖を通すことはなかったが、28年ぶりに『31』が帰ってくる。

 オリックスの二軍監督は現役時代、NPBだけでなく、メジャーでも活躍した田口壮監督。日本野球界でメジャー経験者が監督を務めるのは史上初のこと。田口壮監督は昨年10月の就任会見で「実行と検証を繰り返し、育成システムをしっかりと構築していき、元気で体力があって気持ちで負けない選手を育てていきたいと思います」と意欲を燃やす。

 その他、中日の二軍監督には現役通算2120安打を記録した小笠原道大監督、巨人の二軍監督は昨季まで一軍投手コーチを務め、現役時代通算180勝を挙げた斎藤雅樹監督が務める。特にウエスタン・リーグは、掛布監督、小笠原監督、田口監督など現役時代に人気が高かった監督が多く、注目を集めそうだ。

12球団の今季二軍監督一覧


【ウエスタン・リーグ】
ソフトバンク 水上善雄
広島 水本勝己
阪神 掛布雅之
中日 小笠原道大
オリックス 田口壮

【イースタン・リーグ】
巨人 斎藤雅樹
DeNA 二宮至
西武 横田久則
ロッテ 山下徳人
楽天 平石洋介
日本ハム 田中幸雄
ヤクルト 宮本賢治
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西