ニュース 2016.01.07. 10:00

3連覇を目指すソフトB 二塁のレギュラーは誰が掴む?

レギュラー再定着を目指すソフトバンクの本多雄一
 昨季2年連続で日本一を達成したソフトバンクは、今季3連覇を目指す。レギュラーが固定されているポジションは多いが、「捕手」と「二塁手」はレギュラーが決まっていない状況だ。

 中でも、二塁手のレギュラー争いが注目。10年から2年連続で盗塁王に輝くなど本多雄一が長年、レギュラーポジションを守ってきた。しかし、昨季4月12日の日本ハム戦で右足首を痛め負傷離脱。離脱後に明石健志、川島慶三などが活躍したため、復帰後は出場機会が減少。レギュラーを争う立場になっている。故障以外にも打撃で苦しむ場面が多く、レギュラー再定着に向け、打撃力アップがカギとなりそうだ。

 明石は昨季、一塁手と二塁手の両方をこなしたが、日本シリーズでは二塁手で先発出場した。昨年12月に行われた契約更改の席では「あそこで頑張ります。激戦区を自分でくぐり抜けたい」とポジションを明言しなかったが、二塁でレギュラーを勝ち取るつもりだ。

 また、川島は昨季77試合に出場して、打率.274、2本塁打20打点の成績を残した。本多と明石の2人は左打者だが、川島は右打者。対右投手の打率は.242(95打数20安打)だったが、左投手のときには、打率.323(62打数20安打)を記録している。右投手を打てるようになれば、レギュラーに近づきそうだ。

 本多、明石、川島の3人を中心に二塁手のレギュラーを争うことになっていきそうだが、この3人以外にも名乗りを挙げる選手が出てくることになれば、さらに競争が激しくなる。

◆二塁手のレギュラー候補の昨季成績
本多雄一
昨季成績:61試 率.228 本0 点4

明石健志
昨季成績:115試 率.263 本3 点30

川島慶三
昨季成績:77試 率.274 本2 点20

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 56 35 2 -
2 巨人 44 43 3 10
3 DeNA 45 46 3 1
4 ヤクルト 42 52 1 4.5
5 中日 40 51 3 0.5
6 阪神 39 52 3 1
順位チーム
1 ソフトバンク 58 27 5 -
2 日本ハム 55 33 1 4.5
3 ロッテ 51 39 1 5
4 楽天 35 50 2 13.5
5 西武 37 53 2 0.5
6 オリックス 33 54 0 2.5
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ