ニュース

マエケンが広島ファンに感謝の想いを綴る「真っ赤なマツダスタジアムは最高」

無断転載禁止
今季からドジャースでプレーする前田健太
 広島から米大リーグ・ドジャースへ移籍する前田健太が11日、自身のブログを更新し、同日にマツダスタジアムで退団会見を行ったことを報告した。

「ロサンゼルスで会見を行いましたが、9年間在籍して広島カープの球場で、そして広島の地できちんと報告したいと思っていたので、今日みなさんにきちんと報告できた事を嬉しく思います」。今回マツダスタジアムで会見を行った経緯を自身のブログで説明。

 前田はPL学園高から06年高校生ドラフト1位で広島に入団。2年目の08年から先発に定着し、黒田博樹がメジャー移籍した後、広島のエースに君臨した。前田は広島での9年間を「僕にとっては特別な場所になりました。広島でカープの選手として戦えた事を誇りに思います」と胸を張った。

 その一方で「広島のファンのみなさんに優勝して喜んでもらいたかった。それが達成できなかったのが唯一の心残りです」と13年と14年に2度Aクラスに導いたが、一度も優勝出来なかったことを悔やんでいる。

 最後は、「たくさんの声援を頂き、マツダスタジアムで投げられる事が本当に幸せでした。いつまでも忘れる事はありません。真っ赤なマツダスタジアムは最高です。これからもマツダスタジアムをそして、他の球場も真っ赤に染めてください。選手の力になります!!」と締めくくった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西