ニュース

ロッテの平沢、寮長と“初対戦” 軽々と3本の柵越え

無断転載禁止
打撃練習を終え、池田寮長兼打撃投手(右)と話すロッテ・平沢=ロッテ浦和球場(c)KYODONEWS
 ロッテのドラフト1位新人、平沢(宮城・仙台育英高)が16日、新人合同自主トレーニングのフリー打撃で持ち前の長打力を見せた。5月で70歳になる池田寮長兼打撃投手と“初対戦”。軽々と3本の柵越えを放ち「いいところに投げてくれるし、打ちやすい。3本では物足りないくらいだった」と笑みを浮かべた。

 孫のような年齢の平沢に投じた池田寮長も「あれだけバットを振れるんだからたいしたものだよ。この時期は打ち方がどうこうと言うよりも、振ることが大事だからね」と目を細めた。


(c)KYODONEWS
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西