ニュース

【動画】オリックス入団のコーディエ “自称・MAX166キロ”右腕のピッチング

無断転載禁止
オリックスの100マイル右腕・コーディエに注目
 オリックス新加入のエリック・コーディエが25日に来日。いきなり“ある発言”が話題を呼んでいる。

 昨シーズン、マーリンズでイチローと同僚だった右腕は「よく“ハンドレッド”(=100マイル)とか呼ばれていたよ」と告白。最速は「103マイル(約166キロ)で、昨年も100マイル(約161キロ)は何度か出した」と言い切った。

 果たして、その発言は本当なのか…プロ野球ファンの注目が集まっている。

 アメリカのデータサイト『fangraphs』を見てみると、コーディエの昨シーズンの最速は99.8マイルとなっており、換算すると約160.6キロということになる。2014年シーズンには101マイルを計測しており、これも換算すると約162.5キロ。“ハンドレッド”の名はダテではなさそうだ。

 1986年生まれの29歳ということで、まだまだ老けこむ年でもない。大谷翔平とマーク・クルーンが計測した日本最速“162キロ超え”にも期待が高まる。


マーリンズでのデビュー戦は最速98マイル(現地時間2015年8月18日)


© 2001-2016 MLB Advanced Media


100マイル計測(現地時間2014年9月4日)


© 2001-2016 MLB Advanced Media
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西