ニュース 2016.02.03. 05:30

昨季2勝に終わった巨人・内海 2日連続でブルペン入り

過去にWBC出場経験がある巨人の内海哲也
 昨季故障に泣いた巨人の内海哲也が2日、初日に続き2日連続でブルペンに入った。昨秋のキャンプでは左肩を痛めていたこともあり、ノースローで調整。左肩の状態が心配されたが、1日は捕手に中腰に構えた状態で30球、2日は変化球を交えて50球の投げ込みを行った。かつて巨人のエースに君臨した左腕は、復活に向けて必死に汗を流している。

 昨季は開幕前に左前腕部の炎症で出遅れたことが、かなり響いた。6月5日ソフトバンク戦で一軍初昇格したものの、4回途中5失点でノックアウト。その後は一、二軍を往復し、05年以降では、自身ワーストとなる2勝。06年から続いていた連続規定投球回も9でストップした。12月に行われた契約更改の席でも「成績は最悪。ありえない数字」と振り返っている。

 悔しい結果に終わり、今季に懸ける思いが強い内海。だが、故障で離脱している間に、マイコラス、高木勇人、ポレダが先発ローテーションに定着し、同じ左腕の田口麗斗が台頭した。これまでは開幕に向けて調整していく立場だったが、昨季不本意な結果に終わったこともあり、再び先発を奪いにいかなければならない状況となっている。

 それでも、高橋由伸監督は就任会見で「阿部、長野、坂本、菅野、内海、このへんが中心にならないと強いチームは作れないと思う」と話すなど、中心選手としての働きを求めている。指揮官の期待に応えるためにも、開幕先発ローテーションを勝ち取り、13年以来の二ケタ勝利を挙げて“復活”を遂げたいところだ。

【内海哲也の昨季成績】
15年:5試 2勝1敗 防5.01

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 56 36 2 -
2 巨人 45 43 3 9
3 DeNA 46 46 3 1
4 ヤクルト 42 53 1 5.5
5 阪神 40 52 3 0.5
5 中日 40 52 3 0
順位チーム
1 ソフトバンク 58 28 5 -
2 日本ハム 56 33 1 3.5
3 ロッテ 51 40 1 6
4 楽天 36 50 2 12.5
5 西武 37 54 2 1.5
6 オリックス 34 54 0 1.5
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ