ニュース 2016.02.04. 12:00

李大浩がマリナーズとマイナー契約 岩隈、青木と同僚に?

マリナーズとマイナー契約を結んだ李大浩
 ソフトバンクからメジャー挑戦を目指していた韓国人スラッガー・李大浩が、マリナーズとマイナー契約を結んだ。現地時間3日に球団が公式発表したもので、スプリングトレーニングには招待選手として参加するとのこと。

 日本ではキャンプインの時期を迎えるも、去就が決まっていなかった李大浩。王貞治球団会長をはじめ、ソフトバンクとしては「待つ」という姿勢をとっていたが、李大浩は戻ってこなかった。

 2月に入り、まず韓国メディアがマリナーズとの接触を報じた。つづいてシアトルの地元紙「シアトル・タイムズ」も身体検査を行ったことを報じ、現地時間3日には契約を結んだことが伝えられた。

 李大浩は33歳の内野手。2012年にオリックスと契約して来日すると、2014年からソフトバンクに移籍。日本在籍4年間で570試合に出場し、打率.293、98本塁打、348打点と活躍した。

 特に大舞台で発揮する勝負強さはものすごく、2008年の北京五輪の頃から日本では要注意人物として名前が知れ渡っていた。昨年行われたプレミア12でも韓国の主軸として活躍し、準決勝の日本戦でも決勝タイムリーを放つなど、チームの優勝に大きく貢献。大会のベストナインにも選出されている。

 契約を結んだマリナーズは岩隈久志や青木宣親が所属しており、日本人選手との競演にも期待がかかる。


▼ 李大浩
李大浩

生年月日:1982年6月21日(33歳)
経歴:慶南高-韓国・ロッテ-オリックス-ソフトバンク
ポジション:内野手
身長/体重:194センチ/100キロ
投打:右投右打
[日本通算] 570試 率.293 本98 点348
☆打点王(2012)
☆日本シリーズMVP(2015)

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 74 46 2 -
2 巨人 61 55 3 11
3 DeNA 57 62 3 5.5
4 ヤクルト 56 66 1 2.5
5 阪神 54 66 3 1
6 中日 50 70 3 4
順位チーム
1 ソフトバンク 70 43 5 -
2 日本ハム 72 46 1 0.5
3 ロッテ 62 57 1 10.5
4 楽天 52 60 3 6.5
5 西武 52 66 2 3
6 オリックス 46 69 1 4.5
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ