ニュース

横浜移転時に誕生したマスコット「マリンくん」が復活!DeNA誕生5周年をともに盛り上げる

無断転載禁止
限定復刻されるマリンくん(C)横浜DeNAベイスターズ
 DeNAは5日、球団の横浜移転時に誕生したマスコットキャラクター「マリンくん」の限定復刻を発表した。

 マリンくんとは、1978年の「横浜大洋ホエールズ」創設時に誕生したマスコット。1992年の「横浜ベイスターズ」誕生まで横浜のファン、そして街からも愛され、親しまれた存在であった。

 今年でDeNAが創設5周年を迎えるにあたって、球団は「横浜に根づき、横浜と共に歩む」のコンセプトの下、子どもたちへのキャッププレゼントやビジターユニフォームの胸ロゴを「YOKOHAMA」に変更するなど、“横浜”を意識した改革を推し進めてきた。

 その思いをより強くしていくべく、今回は球団の横浜移転時に生まれた「マリンくん」の復刻を決断。横浜の人々に親しまれていたマスコットの力を借りながら、ともに横浜の街を盛り上げていく。

 限定復刻となるマリンくんは、オリジナルのイメージを継承しつつも、帽子には現在のシンボルマークと5周年記念ロゴをあしらった新仕様となっており、オリジナルグッズの販売や来場者プレゼントなどの企画が予定されているとのこと。今シーズンはこのマークに要注目だ。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西