ニュース

マエケン、高校時代の仲間と送別会「同級生は特別な存在」

無断転載禁止
今季からドジャースでプレーする前田健太
 広島からポスティングシステムでドジャースに移籍した前田健太が10日、自身のブログを更新し、先日PL学園時代の同級生らと送別会を行ったことを報告した。

「同級生が声をかけてくれ、みんな集まり激励してくれました」と今回送別会が行われた経緯について説明。PL学園時代の仲間について前田は「僕にとって高校の同級生は特別な存在です。3年間寮生活をし、同じ釜の飯を食べ、厳しい練習や辛い事、苦しい事、悩み、嬉しい事、楽しい事、すべての思い出を共有し、いろんな困難な事を協力し乗り越えてきた仲間です」と綴った。

 また、高校時代の仲間からユニフォームが送られたようで、その写真をブログに掲載。「ドジャースに見えたけど違った!ドリームス。僕の夢を叶える為、そして、みんなの夢を背負って頑張って来てくれという意味でドリームスと作ってくれました。後ろにはみんなの名前が。本当に嬉しいプレゼント。みんなの思いもしっかり背負い頑張ります」。高校時代に汗を流した仲間からのプレゼントに、喜びも人一倍だったようだ。

 今季から大リーグ・ドジャースでプレーする前田は、2月20日にアリゾナ州グレンデールでキャンプインする。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西