ニュース

潰瘍性大腸炎で入院していたオリ・安達が退院「必ず復活します」

無断転載禁止
オリックス・安達
 1月22日から潰瘍性大腸炎のため、兵庫県西宮市内の病院に入院していたオリックスの安達了一が10日、自身のTwitterを更新。「こんにちは!今日退院できました」と報告した。

 体調が心配される安達だが「これから徐々に体を動かして焦らずやっていきたいと思います! 必ず復活します」と誓った。このツイートに同じオリックスでプレーする小田裕也は「安達さん待っています」とつぶやいている。

 安達は13年から3年連続で、130試合以上出場する遊撃手。昨季は139試合に出場して、打率.239、11本塁打、55打点の成績を残していた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西