ニュース

紅白戦先発の広島・福井「全然ダメ」 四球絡みで2回2失点

無断転載禁止
自身初の2ケタ勝利を目指す広島の福井優也

今季から投手キャプテンに就任


 広島の福井優也投手が16日、紅白戦に先発登板し、2回2失点と課題を残した。

 福井は初回、一死から2番丸に四球を与えると、二死から4番松山にライト前へ弾き返され一、三塁。続く新井にも初球の直球をセンター前へ運ばれ、あっさりと失点した。

 2回も先頭の会沢にストレートの四球を与えると、二死二塁から7年目の庄司にライトへの適時二塁打を浴び2失点目。続く菊池からフォークで三振を奪うなど随所にいいボールも見られたが、制球にバラつきがあり、2回を3安打2失点、1三振、2四球の内容だった。

 福井は降板後、開口一番「全然ダメでした」とキッパリ。「少し緊張感もあって、思うようなボールが投げられなかった。ブルペンでできて、試合でできないのが昔からの課題。これまでは順調でしたけど、今日の試合で課題が見つかった。これからどんどん潰してきたい」と反省の弁を並べた。

 大黒柱の前田健太が抜け、今年から投手キャプテンに就任した右腕。先発ローテの一角として9勝を挙げた昨季以上の活躍が求められるが、「まずはゲームを作ることに集中したい。自分のピッチングをして、ローテを守ることがみんなの手本にもなると思います」と力を込めた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西