ニュース

中日・岩瀬がシート打撃に登板 打者8人に対し4安打1四球

無断転載禁止
復活を目指す中日の岩瀬仁紀

逆球も多く、制球に苦しむ


 左肘痛からの復活を目指す中日の岩瀬仁紀投手が18日、沖縄・北谷キャンプでシート打撃に登板した。

 前日もブルペンで50球を投げ込み「まだ納得のいくものではない」と語っていたベテラン。実戦形式での投球に注目が集まったが、結果は1イニングで32球を費やし、4安打1四球、2失点の内容だった。

 岩瀬は新人捕手・木下とバッテリーを組んだ。先頭打者のエルナンデスには中安を許すも、続く亀沢を1球で打ち取り右飛。新助っ人・ビシエドはインコース攻めで中飛に仕留めたが、続くナニータには甘くなったシンカーをライト線に運ばれた。

 続く大島、古本にも連打を浴び2失点目。7人目の高橋に四球を与えたところで、森ヘッドコーチが「代わるか?」とのゼスチャーを送るも、岩瀬は「もうひとりお願いします」と言わんばかりに一本指を立て続投した。

 8人目の堂上にも痛烈な打球を浴びたが、これは遊撃手・エルナンデスの攻守で3アウト。何とか1イニングを投げ切ったが、ベテラン左腕は厳しい表情でマウンドを降りた。

【岩瀬:シート打撃の対戦結果】

(1)エルナンデス:中安
(2)亀沢:右飛
(3)ビシエド:中飛
(4)ナニータ:右2
(5)大島:左安
(6)古本:右安
(7)高橋:四球
(8)堂上:遊ゴ

1回32球、被安打4、与四球1、失点2
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西