ニュース

かつてDeNAでプレー…ブランドンが禁止薬物使用で80試合の出場停止

 かつて日本のDeNAでプレーし、現在はアスレチックスのマイナーに所属している左腕投手ブランドン・マンに禁止薬物の使用が発覚。80試合の出場停止処分が下されたことが明らかになった。

 現地時間2月16日(日本時間17日)に『MLB.com』の記者であるジェーン・リー氏が自身のTwitterで報じたもので、ブランドンは禁止薬物に認定されている「オスタリン」を使用。MLB機構より80試合の出場停止処分を受けた。

 日本では2011年から2012年までの2年間DeNA(2011年当時は横浜)でプレー。2年間で28試合に登板し、3勝9敗と目立った活躍はできなかったが、日本愛を前面に出した姿勢と性格がファンの人気を集めた。

 自身のTwitterではつたないながらも日本語でのツイートを度々行い、それが「かわいい!」として話題に。DeNAを去った後も常にチームのことを気にかけており、昨年アレックス・ラミレス新監督が誕生した際にも「らみちゃん!おめでと!」とつぶやいていた。

 なお、ブランドンの最後のつぶやきは6日前のものとなっており、この件に関しての言及はまだない。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西