ニュース

田中将大、メジャー3年目のキャンプイン 初日からブルペンで25球

無断転載禁止
ブルペン投球後にジラルディ監督(左端)らとコミニュケーションをとる田中将大

ジラルディ監督「満足している」


 ヤンキースの田中将大投手が19日(日本時間20日)、米フロリダ州タンパでメジャー3年目のキャンプ初日を迎えた。

 昨年10月に右肘骨片除去手術を受けた田中だが、初日からブルペン入り。直球だけではなく変化球も織り交ぜながら25球を投げ込んだ。

 開幕投手候補の右腕は「感じは悪くなかった。徐々に上げていくことが大事。周りのみんなに合わせる必要はない」とマイペース調整を強調。見守ったジラルディ監督も「満足している」と及第点を与えた。

 15日には、まい夫人が第一子となる男児を出産。パパとして臨むシーズンがいよいよ幕を開けた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西