ニュース

藤浪、若松ともに6失点…期待の4年右腕、揃って大炎上

無断転載禁止
先発陣の柱として期待されている中日4年目の若松駿太

期待の同級生右腕が揃って6失点


 プロ野球のオープン戦が開幕。20日は沖縄で3試合(阪神-楽天は練習試合)が行われ、期待の若手投手が数多く先発を務めた。

 ロッテとのオープン戦(北谷)に臨んだ中日は、昨季10勝4敗、防御率2.12をマークした若松が先発。期待の4年目右腕だったが、初回に3番ナバーロに特大の先制2ランを浴びるなどいきなり3失点。2回にも9番伊志嶺にソロ、4番井上に2ランを浴び、2回を被安打7(被本塁打3)、失点6でマウンドを降りた。

 楽天との練習試合(宜野座)に先発した藤浪は、2回に一挙6失点。一死から四球と味方の失策で一、三塁とされると、「8番・中堅」でスタメン出場のオコエに、センター前に抜ける先制タイムリーを許した。

 藤浪はその後も3本のタイムリーを浴び、自らの暴投、野手陣の連携ミスもあり大量失点。結局3回を投げ被安打6、失点6の内容で降板した。

 藤浪と若松は、ともに高卒4年目の同世代。今年も先発ローテーションの柱として期待されるが、この日は互いに課題の残るマウンドとなった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西