ニュース

巨人ドラ1・桜井、初対外試合で3回1失点 制球力光り4奪三振

安定した投球で先発ローテ入りへ前進


 巨人のドラフト1位・桜井俊貴投手が23日、韓国・起亜との練習試合に先発登板し、3回4奪三振1失点と上々の対外試合デビューを果たした。

 桜井は立ち上がりから制球力抜群。キレのある直球を軸に、初回は2番キム・ウォンソプをアウトローの直球で見逃し三振。4番ピルに対しては追い込んでから落ちるを振らせ、2つ目の三振を奪った。

 2回も先頭の5番イ・ボムホを直球で空振り三振に仕留めるなど2三振。3回に四球を与えたあと、1番キム・ジュチャンに適時二塁打を右中間に運ばれたが、後続を捕邪飛、遊ゴロに退け3回を1失点にまとめた。

 直球、変化球ともに低めに集め、3回を2安打1四球4奪三振。失点したものの安定感抜群の投球を披露し、前評判通りの実力を示した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西