ニュース

開幕投手内定のソフトB・摂津 初回3失点もキッチリ修正

無断転載禁止
5年連続の開幕投手が内定しているソフトバンクの摂津正

2回以降はパーフェクト


 ソフトバンクの摂津正投手が27日、ロッテとの練習試合に先発し、3イニングを2安打2四球3失点の内容で降板した。

 対外試合初登場の摂津は初回、一死から2番中村に四球を与えると、3番清田に左安を許し、一、三塁とされた。その後、盗塁で二、三塁とされたあと、4番井上に緩いカーブを中堅に運ばれ犠牲フライ。5番角中に四球を与え再び盗塁で二死二、三塁とされたあと、6番根元にもカーブを右前に運ばれ二者の生還を許した。

 先発マスクは6年目の拓哉で、初回は足で揺さぶられたソフトバンクバッテリー。それでも2回以降はキッチリ修正し、2イニング連続の三者凡退。摂津は結局、3回50球を投げ、2安打2四球2三振3失点の内容。立ち上がりにこそ苦しんだが、2回以降はベテランらしい修正力を発揮した。

 すでに5年連続の開幕投手が内定。工藤監督は前日、「実績もあるし、開幕のプレッシャーも考えた」と説明した。過去4年はすべてヤフオクドームでの開幕マウンドだったが、今年は地元・東北のコボスタ宮城のマウンドに立つ。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西