ニュース 2016.02.28. 10:10

巨人・マシソンは大当たり? 過去に先発転向でブレイクした投手といえば…

リリーフから先発転向し大活躍したソフトバンクの摂津正
 3年連続で60試合登板するなど、巨人のセットアッパーとして活躍したマシソンが今季から先発に転向する。27日に行われたヤクルトとのオープン戦では、予定の5回を投げ、5安打1失点に抑えた。

 ただ、長年リリーフを務めてきたマシソンが先発で1年間適応できるかと言われると、現時点では判断しにくい。これまでにリリーフから先発に転向した例を見ると、5年連続開幕投手が内定しているソフトバンクの摂津正は、成功事例だろう。

 摂津は09年にプロ入りしてから最初の2年間は、セットアッパーを務め、2年連続最優秀中継ぎのタイトルを獲得した。優勝した10年は甲藤啓介、ファルケンボーグ、抑えの馬原孝浩ともに勝利の方程式を形成し、「SBM48」と呼ばれるなど他球団も恐れるリリーフ陣の1人だった。

 2年連続70試合以上に登板し、リリーフでは欠かせない存在となっていたが、勤続疲労などもあり、入団3年目の11年に先発へ配置転換。先発転向1年目から14勝を挙げると、翌12年には最多勝、最高勝率のタイトルを獲得。さらには、沢村賞を受賞した。13年以降は、故障や不調に陥りながらも15勝、10勝、10勝をマーク。先発転向後は毎年二ケタ勝利記録するなど、今ではソフトバンクのエースに君臨している。

 摂津のような成功例もあれば、失敗例もある。長年マシソンと勝利の方程式を担った巨人の山口鉄也と、中日の浅尾拓也の2人がそうだ。山口は原辰徳監督(当時)の意向により10年に、中継ぎから先発に回った。開幕先発ローテーション入りを果たすも、先発初登板となった4月3日の広島戦では4回途中4失点でノックアウト。次の登板で、先発初勝利を挙げるも、その試合を最後に、再びリリーフに回っている。

 一方、浅尾は3年目の09年に先発へ転向すると、いきなり開幕投手を任された。開幕戦で8回を1失点に抑え勝利を手にしたが、その後は不安定な登板が続き、シーズン途中からリリーフへと再転向。10年と11年にはセットアッパーとしてリーグ優勝に大きく貢献し、11年にはリーグMVPにも輝いている。

 リリーフで結果を残してきたからといって、必ず先発で成功しているとはいえず、向き不向きがあるといえそうだ。マシソンはここまで順調に調整を進めているが、摂津のように成功できるだろうか。

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 29 24 1 -
2 中日 25 25 3 2.5
2 DeNA 25 25 3 0
4 巨人 24 24 3 0
5 阪神 25 26 3 0.5
6 ヤクルト 25 29 1 1.5
順位チーム
1 ソフトバンク 32 13 4 -
2 ロッテ 29 22 1 6
3 日本ハム 26 24 1 2.5
4 西武 22 27 2 3.5
5 オリックス 19 29 0 2.5
6 楽天 17 30 2 1.5
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ