ニュース 2016.02.29. 21:17

Rソックス田沢、日本人初の4年連続60試合登板を目指す

4年連続の60試合登板を目指すレッドソックスの田沢純一
◆ 新戦力加入で今季の主戦場は7回

 レッドソックスの田沢純一投手が28日(日本時間29日)、今キャンプ2度目となるバッティング・ピッチャーを務め、打者5人を相手に投げ込んだ。

 田沢は直球に加え、スライダーやスプリットなど変化球もチェック。「直球のあとの変化球が少しずつ良くなっている」と手応えを語り、感覚を取り戻しなが新シーズンへの準備を進めている。

 レッドソックスのブルペンには、新たに通算225セーブのクレイグ・キンブレル(前パドレス)、昨季70試合に登板し、防御率2.31のカーソン・スミス(前マリナーズ)が加わった。これに伴い、昨年までクローザーを務めていた上原浩治がセットアッパーに。田沢は7回での登板が予想され、タイミングが読みづらいタフな場面での登板が増えそうだ。

 それでも「いつも通り自分の仕事をしっかりしたい」とタフネス右腕。2013、14年はともに71試合、昨季も61試合登板を果たし、日本人メジャーリーガーでは佐々木主浩、長谷川滋利、大塚晶則、岡島秀樹に次ぐ、史上5人目の3年連続60試合登板を果たした。

◆ 疲労を考慮し昨季は強制終了。それが「良かった」と言えるように

 チームは13年の世界一から一転、14年は地区最下位に転落し、昨年もシーズンを通して不安定な戦いを続けた。その中で田沢は前半戦チームトップの39試合に登板し、防御率2.86をマーク。ファレル監督も「上原への橋渡しを良くやってくれている」と信頼を寄せ、オールスター候補にも名前が挙がった。

 しかし後半戦から調子を落とし、残りの22試合は防御率7.08と苦戦。蓄積疲労と低迷するチーム状況を考慮し、4失点した9月12日のレイズ戦後に、首脳陣は田沢をシャットダウンする(起用しない)ことを決めた。

 自身は最後まで戦い抜く意思を示したが、結局は61試合登板で2勝7敗3セーブ、防御率4.14で終戦。同じく試合中に負傷した上原も、8月7日タイガース戦を最後に残りゲームを全休した。

 チームは2年連続最下位に沈んだが、早めに休養を開始できたことは2人にとって好材料だった。当初は休養に否定的だった田沢も「チームが自分のためにしてくれたことを感謝している。それが結果として『良かったと』言えるように全力を尽くす」とフル回転を誓う。

 今年も60試合登板をクリアすれば、日本人初の“4年連続”となる。新たなに“7回の男”として、3年ぶりのプレーオフ進出を目指し腕を振る。

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 28 22 1 -
2 中日 24 23 3 2.5
3 阪神 24 24 3 0.5
4 DeNA 23 24 3 0.5
5 巨人 22 23 3 0
6 ヤクルト 23 28 1 2
順位チーム
1 ソフトバンク 29 13 4 -
2 ロッテ 28 20 1 4
3 日本ハム 24 23 1 3.5
4 西武 21 25 2 2.5
5 オリックス 18 27 0 2.5
6 楽天 16 28 2 1.5

インフォ

おすすめ