ニュース 2016.03.01. 17:42

現役引退を発表した松中 「10月の時点では、NPB以外も選択肢にあった」

自身のブログで現役を引退した松中信彦
 平成唯一三冠王の松中信彦が1日、自身のブログで「私、松中信彦は本日3月1日をもって現役を引退することを決断致しました」と発表した。

 松中は引退を決断した理由について、「オファーやテストといった機会を得る事ができませんでした。今の自分を見てもらう最後のチャンスだと思っていた2月19日、宮崎での練習を終え、自分自身の中で最終的に引退の決断をしました」と古巣・ソフトバンクの練習に訪問した際に引退を決心したようだ。

 松中といえば、10月にソフトバンクを退団して以降、日本プロ野球界でプレーするために自主トレを行ってきた。だが、「10月の時点では、NPB以外にも海外・独立リーグ、そして育成からでもやってやろうという選択肢はありました」と明かしている。

 一方で40歳を越え、若い将来のある有望な選手たちの1枠を奪っているのではという葛藤があったそうだが、「可能性は少なくてもチャンスを頂けるなら、それにかけよう。一軍で圧倒的な結果を出すつもりで準備をしていこうという目標でやってきました」と綴っている。

 最後は「19年間、そしてこの4カ月。自分ができることは全てやってきました。私の野球人生には悔いはありません。退団直後から多くの方々に『どこに行っても応援するよ!』と言って頂いた皆様や19年間温かく見守ってくださったファンの皆様、本当にありがとうございました」と締めくくった。

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 57 37 2 -
2 巨人 46 44 3 9
3 DeNA 47 47 3 1
4 中日 42 52 3 5
5 阪神 41 53 3 1
6 ヤクルト 42 55 1 0.5
順位チーム
1 ソフトバンク 59 28 5 -
2 日本ハム 56 35 1 5
3 ロッテ 51 42 1 6
4 楽天 37 50 2 11
5 西武 38 55 2 2
6 オリックス 36 54 0 0.5
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ