ニュース 2016.03.04. 05:30

西武が“おかわり2世”山川の2打席連発で快勝!開幕投手の菊池も5回1失点と力投

◆ 投打噛み合った西武が快勝

 西武の“おかわり2世”が、一軍定着に向けて猛然とアピールしている。

 その風貌と長打力に加え、バッティングフォームが先輩の中村剛也に似ていることから“おかわり2世”の愛称で親しまれている3年目の山川穂高は3日、倉敷で行われた楽天-西武のオープン戦に「6番・一塁」で先発出場。5打数3安打3打点と結果を残した。

 3回表、ヒットで出塁した浅村を二塁に置いて迎えた第2打席で、楽天の安楽から左中間に本塁打を放つと、4回の第2打席には楽天の2番手・加藤から2打席連続の本塁打。この日は5打数3安打3打点の大暴れでチームの勝利(8-1)に貢献した。


 この活躍ぶりには西武の田辺徳雄監督も目を細めており、試合後には「DHでの起用の可能性もあり得る」とコメント。「少ないチャンスをものにして今後もこの調子を続けていってほしい」とエールを送った。

 また、自身初の開幕投手が内定している先発の菊池雄星は、5回を投げて4安打2四死球の1失点。初回にウィーラーのタイムリーで1点を失ったが、その後は粘りの投球を見せて最少失点に抑えた。

 菊池は自身の投球について「チェンジアップ、スライダーは前回登板時ではダメだったが今日はアウトがとれて良かった。また前回はストレートを打たれていたが今日は修正できたと思う」と手応えを感じつつも、「ストレートが甘く入るとやられる」と課題を口にすることも忘れなかった。

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 57 37 2 -
2 巨人 46 44 3 9
3 DeNA 47 47 3 1
4 中日 42 52 3 5
5 阪神 41 53 3 1
6 ヤクルト 42 55 1 0.5
順位チーム
1 ソフトバンク 59 28 5 -
2 日本ハム 56 35 1 5
3 ロッテ 51 42 1 6
4 楽天 37 50 2 11
5 西武 38 55 2 2
6 オリックス 36 54 0 0.5
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ