ニュース 2016.03.05. 06:30

西武・高橋光が4回7失点の乱調…田辺監督「チャンスはあと1回」

◆ 高橋光「変化球に頼りすぎた…」

 開幕ローテーション入りが期待されている西武の2年目・高橋光成が4日の楽天戦に先発。3年目の森友哉とバッテリーを組んだが、4回を投げて77球、7安打2四死球の7失点(自責点6)と結果を残せず、開幕ローテーション入りに暗雲が立ち込めてきた。

 初回、先頭の岡島豪郎に投じた初球のスライダーをセンター前に運ばれると、自らのけん制悪送球で岡島が二進。続く藤田一也にはストレートをレフト前にはじき返され、わずか4球で1点を失う。

 さらに新外国人のゴームズには、1-1から内角に投じたストレートを楽々と左翼席に運ばれ、1アウトも取れないまま初回に3失点。続く2回にはテンポ良く二死までを取りながら、9番・足立祐一からの打者5人に3安打2四死球とつながれて3点を奪われた。

 3回は三者凡退に抑えたが、4回にはエラー絡みで再び失点。試合後には「ボールが高く、変化球に頼りすぎた。カウントを悪くしてしまうことが多かった」と反省の弁を語り、「またチャンスをもらえれば、今日の反省を生かしたい」との決意を口にした。

 しかし、指揮官は「今日のようなピッチングだと厳しい」と不満顔。それでも、「あと1回チャンスはある」とコメントしており、“追試”を示唆している。

 また、捕手のポジションに入って2安打を放ちながら、守備面のミスが目についた森に関しても「またチャンスを与える」ことを明言した。

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 28 21 1 -
2 中日 23 23 3 3.5
3 巨人 22 22 3 0
4 阪神 23 24 3 0.5
5 DeNA 22 24 3 0.5
6 ヤクルト 23 27 1 1
順位チーム
1 ソフトバンク 28 13 4 -
2 ロッテ 28 19 1 3
3 日本ハム 24 22 1 3.5
4 西武 21 25 2 3
5 オリックス 18 27 0 2.5
6 楽天 15 28 2 2

インフォ

おすすめ