ニュース 2016.03.10. 12:15

西武プリンスドームが“遊び場”に!球場アトラクション「FAN ZONE」とは…

野球を見るだけが球場の楽しみではない! (C)SEIBU Lions
◆ 進む球場の“ボールパーク化”

 これからの球場は、野球を見るだけが楽しみではない。

 野球好きのお父さんだけでなく、お母さんやおじいちゃん、おばあちゃん、子どもまで皆が楽しめる環境を…。各球団が球場の“ボールパーク化”を目指し、工夫をこらしたイベントを打ち出している。


 西武は9日、球場内のアトラクションスポット「FAN ZONE(ファンゾーン)」の設置と、5月の大型連休中に稼働する体験型テーマパーク「UGOKAS(ウゴカス)」の概要を発表した。

 「FAN ZONE」は、3月25日(金)の2016年シーズン開幕戦(オリックス戦)よりフラッグス前広場に設置されるアトラクションの総称。

 平日の試合開催時には、球団マスコットのレオをモチーフにした遊具「ふわふわレオドーム」が設置され、休日には「スピードガンチャレンジ」や「トスバッティングチャレンジ」など、野球を体感することができるアトラクションがドーム前広場に常時出現する。

 さらに、5月の大型連休中・5月3日(火・祝)~8日(日)の西武プリンスドームでの試合開催時には、「FAN ZONE」のところにおどろき体験テーマパーク「UGOKAS(ウゴカス)」が登場。

 巨大風船に入って水上を転がる「ウォーターパウンダー」や、手軽にロッククライミングを体験できる「ミニボルダリング」といった体を動かして楽しむことができるアトラクションが展開される。

 子供から大人までみんなで楽しむことができる球場づくりは、これからますます加速していくことだろう。今後の展開をたのしみにしたい。

○ 「FAN ZONE」
▼ 平日開催
【時間】
・試合開始2時間前~試合開始まで
【場所】
・西武プリンスドーム前広場
【内容】
・ふわふわレオドーム
【対象】
・小学生以下のお子さま

▼ 休日開催
【時間】
・試合開始3時間前~試合開始まで
【場所】
・西武プリンスドームフラッグス前広場
【内容】
1.スピードガンチャレンジ、トスバッティングチャレンジ
2.ふわふわピッチング/バッティング、ふわふわトレイン、ふわふわレオドーム
【対象】
1.どなたでも可
2.小学生以下のお子さま


○ おどろき体験テーマ―パーク「UGOKAS」


【日程】
・5月3日(火・祝)~5日(木・祝)対オリックス
・5月6日(金)~8日(日)対日本ハム
【時間】
・試合開始3時間前~試合開始まで
【場所】
・西武プリンスドームフラッグス前広場内「FANZONE」
【内容】
1.「ミニジップライン」
2.「ハイパージャンパー」
3.「ウォーターパウンダー」
4.「ミニボルダリング」
【対象】
1.小学生以上/身長111センチ以上/体重30キロ~90キロのかた
2.体重13キロ~90キロまでのかた
3.体重150キロ以下のかた
4.体重90キロ以下のかた


※詳細は球団公式HPにて。

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 46 30 2 -
2 巨人 34 37 3 9.5
3 中日 35 39 3 0.5
4 DeNA 34 39 3 0.5
5 阪神 33 41 3 1.5
6 ヤクルト 34 43 1 0.5
順位チーム
1 ソフトバンク 48 20 5 -
2 ロッテ 43 31 1 8
3 日本ハム 42 31 1 0.5
4 西武 32 41 2 10
5 楽天 30 40 2 0.5
6 オリックス 25 44 0 4.5
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ