ニュース

負けないソフトB、調整段階でも11戦無敗 1点追う9回、今宮が同点弾

先発・千賀は5回無失点


 ソフトバンクは9日、巨人とオープン戦(ヤフオクドーム)を行い、1点を追う9回に8番今宮が同点ソロを放ち2-2の引き分けに持ち込んだ。

 ソフトバンクは0-0で迎えた2回、相手失策と7番中村の内野安打などで無死満塁のチャンスを作ると、巨人の先発マスク・小林のパスボールの間に先制。その後は拙攻続きでなかなか追加点を奪えなかったが、1-2で迎えた9回、今宮が左翼席に飛び込む起死回生の同点弾を放ち敗戦を逃れた。

 投げては先発の千賀が、5回を3安打5奪三振無失点の好投。4回無失点の阪神戦(3日)に続く零封も、本人は「フォークは操れていたが、全体的に制球がイマイチでした」と辛口だった。

 7回に3番手の二保が、4番ギャレット、5番クルーズに連続ソロを浴び1-2。それでも2番手の嘉弥真、4番手の五十嵐、5番手のスアレスは無失点で凌ぎ、改めてブルペン陣の層の厚さを見せつけた。

 ソフトバンクはこれで、練習試合を含めた実戦11戦、8勝3分と無敗を継続。まだ調整段階だが、早くも3連覇への視界は良好だ。 
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西