ニュース

川崎がオープン戦初安打 2出塁1盗塁で存在感示す

無断転載禁止
マイナー契約ながら招待選手としてカブスの春季キャンプに参加している川崎宗則

守りでは渡米後初のファーストにも挑戦


 カブスとマイナー契約を結んだ川崎宗則内野手が10日(現地時間9日)、インディアンス戦に途中出場し、オープン戦初安打を放った。

 川崎は7回表、ファーストの守備から途中出場。8回からはショートへ回り、9回裏にはオープン戦5試合目にして初安打となるレフト前ヒットを放った。

 この日は1打数1安打、1四球1盗塁の成績で、オープン戦打率は.143。前日のドジャース戦はメンバーから外れたが、2日ぶりの実戦で存在感を示した。

 川崎は昨季限りでブルージェイズを退団し、新たにカブスとマイナー契約を結んだ。マイナーからのスタートはマリナーズ時代(2012年)、ブルージェイズ時代(13~15年)に続き5年連続。過去4年はいずれもメジャー昇格を果たしている。

 カブスは若手の有望株が多く、昨季は地区3位ながら97勝をマークし、ワイルドカードでプレーオフ進出を果たした。残されたチャンスは少ないが、今後も地道に結果を残し、1日でも早くメジャー昇格を果たしてほしいところだ。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西