ニュース

楽天・今江が移籍後、初の一軍出場 2度の好機で凡打

 ロッテからFAで楽天に移籍した今江敏晃が15日、西武とのオープン戦に「5番・指名打者」で移籍後一軍初出場を果たした。

 初回、4番中川大志の犠飛で先制してなおも、一死一、二塁の場面で第1打席が回ってくる。先発野上が2ボール1ストライクから投じた3球目のスライダーを捉えるも、遊ゴロダブルプレーに倒れる。3回二死満塁の第2打席は、野上のストレートを当てるもセカンドフライ。6回の打席で枡田慎太郎に代打が送られベンチに下げられ、移籍後初となる一軍出場は2打数ノーヒットだった。

 今季から楽天に加入した今江は、キャンプ前に『左ヒラメ筋炎』で離脱。キャンプは二軍で、別メニュー調整していたが、4日に行われたイースタン・リーグ春季教育リーグのDeNA戦で実戦復帰。6日のヤクルト戦から三塁の守備に就いている。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西