ニュース 2016.03.18. 17:15

【センバツ】春に強いのは…?今大会出場校の通算勝利数トップ5

第88回選抜高等学校野球大会が開催される甲子園球場
 20日から『第88回選抜高等学校野球大会』が開幕する。出場32の代表校が全国制覇を目指し、熱い戦いを繰り広げていく。ここでは、今大会出場する高校のセンバツ通算勝利数を見ていきたい。

 1位は春通算50勝を記録する東邦(愛知)。この記録は中京大中京(愛知)の55勝に次ぐ2位にあたる。センバツ優勝回数4回は、中京大中京と並び全国1位。4度目のセンバツ制覇は、現役時代中日、広島でプレーした山田喜久夫がエースだった1989年となっている。今大会全国制覇を成し遂げれば、優勝回数が単独トップとなり、勝ち星は中京大中京に並ぶ。

 2位の龍谷大平安(京都)は37勝をマークする。2年前のセンバツでは、履正社との決勝に勝利して38度目の出場で、初のセンバツ優勝を決めた。ちなみに今大会で、4勝すると、春夏通算100勝となる。通算100勝となれば、中京大中京に続いて2校目の快挙だ。

 そして3位は高松商(香川)の32勝。1924年と1960年にセンバツ制覇したことのある古豪。今回センバツ出場は1996年以来20年ぶり。昨年11月に行われた明治神宮大会を制しており、1960年以来のセンバツ制覇も十分にありえそうだ。

 今大会出場校の通算センバツ勝利ランキングトップ5は以下の通り。

◆ 今大会出場校の通算センバツ勝利数トップ5
1位 東邦(愛知)
春成績:50勝23敗1分 勝率.685
優勝回数:4回

2位 龍谷大平安(京都)
春成績:37勝38敗1分 勝率.493
優勝回数:1回

3位 高松商(香川)
春成績:32勝23敗 勝率.528
優勝回数:2回

4位 明徳義塾(高知)
春成績:24勝15敗 勝率.615
優勝回数:0回

5位 大阪桐蔭(大阪)
春成績:15勝6敗 勝率.714
優勝回数:1回

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 43 29 2 -
2 巨人 33 35 3 8
3 DeNA 33 37 3 1
4 中日 32 38 3 1
5 阪神 32 39 3 0.5
6 ヤクルト 33 41 1 0.5
順位チーム
1 ソフトバンク 46 19 5 -
2 ロッテ 43 29 1 6.5
3 日本ハム 39 31 1 3
4 西武 32 38 2 7
5 楽天 28 39 2 2.5
6 オリックス 24 43 0 4
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ