ニュース

【センバツ】鹿実、常総学院に逆転勝利 プロ注目の4番綿屋が決勝打

無断転載禁止
20日の第2試合結果
● 常総学院 2 - 6 鹿児島実 ○
<第88回選抜野球大会・1回戦>

 常連校対決となった第2試合は、2季連続出場の鹿児島実が、常総学院(茨城)に逆転勝利。2回戦で智弁学園(奈良)と対戦することが決まった。

 2点を追う鹿児島実は4回、一死二、三塁の好機を作ると、6番井戸田貴が中前適時打を放ち1点差。続く追立も右前に適時打を運び2-2の同点に追いついた。

 鹿児島実は続く5回も二死一塁から、出場選手中トップの打率.621を誇る4番綿屋が、右中間を深々と破る適時打を放ち勝ち越し。6回には7番追立に大会第1号となるソロ本塁打が飛び出し、9回にもダメ押しとなる2点を加えた。

 先発の丸山は初回に2点を失ったが、続く一死満塁のピンチを凌ぎ6回途中2失点の粘投。その6回は二死満塁と一打同点の場面を作られたが、2番手の谷村が常総学院の6番有村を捕邪飛に打ち取り、見事な継投策でピンチを切り抜けた。

 対する常総学院は初回に2点を先制するも、2回以降は好機を活かせずゼロ行進。先発のエース左腕・鈴木は中盤以降に鹿児島実打線に捕まり、8回9安打4失点で降板。9回は2番手の樫村が致命的な2点を失った。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西