ニュース

DeNA、オープン戦を快勝締め! ラミレス監督「この勢いでシーズンへ」

無断転載禁止
DeNAのラミレス監督

主砲・筒香も元気にフル出場


 DeNAが楽天とのオープン戦(横浜)に8-1で勝利。ラストゲームを快勝で締め、指揮官は「この勢いを持ってシーズンへ入りたい」と力を込めた。

 DeNAは先発のモスコーソが6回を無失点。7安打を許すなど序盤はピンチの連続だったが、要所を締める投球で4回以降は落ち着きを取り戻した。

 指揮官は3年目の助っ人右腕について「試合を作ってくれた。今までの中でベストなパフォーマンスだった」と評価。モスコーソは開幕2カード目の巨人戦に先発予定で、オープン戦ラスト登板を良い形で締めくくった。

 打線は初回、好調な3番ロペスが2ランを放ち先制。7回にも大型1番として期待されている白崎が2ランを放つと、8回には6番倉本、途中出場の飛雄馬、8番戸柱の3連続適時打が飛び出した。

 左太ももの状態が心配されていた筒香も、この試合は「4番・左翼」で先発フル出場。3打数無安打と快音こそ聞かれなかったが、8回には倉本の適時打で生還するなど、元気な姿を披露した。

 指揮官は本拠地での快勝締めに「良い終わり方ができた。この勢いを持ってシーズンへ入っていきたい」と納得の表情。最下位からの巻き返しを図る新指揮官が、いよいよ監督としての第一歩を踏み出す。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西