ニュース

【センバツ】創志学園、高松商、海星が2回戦進出!大会5日目の試合結果

無断転載禁止
24日の試合結果
 第88回選抜高校野球大会5日目は、1回戦3試合行われ、創志学園(岡山)、高松商(香川)、海星(長崎)が勝利し2回戦進出を決めた。

 第1試合は、5年ぶり2度目の出場となった創志学園と、25年ぶりの出場となった東海大甲府(山梨)が対戦。2回に東海大甲府が先制したが、5回に創志学園が4点を奪い逆転に成功する。創志学園は8回に高井の適時打でリードを広げ、5-1で勝利した。

 第2試合は、昨秋の神宮大会王者の高松商が、いなべ総合(三重)を延長戦の末、7-6でサヨナラ勝ち。高松商は1点を追う9回、竹内の適時打で同点に追いつくと、10回にこの回先頭の美濃が三塁打を放ち出塁。続く植田の打席で、いなべ総合のバッテリーミスで三塁走者が生還し、勝利を収めた。

 第3試合は、九州大会準優勝の海星と、21世紀枠の長田(兵庫)のカード。海星は同点の4回に田川の適時打で勝ち越しに成功すると、このリードを先発・春田、土谷のリレーで逃げ切った。海星はセンバツ5度目の出場で、嬉しい春初勝利となった。

 なお、第1試合勝者の創志学園と、第2試合に勝利した高松商が2回戦で激突する。長田を下し2回戦に進出した海星は、25日に行われる第1試合の敦賀気比(福井)と青森山田(青森)の勝者と対戦する。 
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西