ニュース

開幕直前企画!占星術師に聞きました…「今季のパ・リーグ順位予想」

無断転載禁止
占いでもソフトバンクが首位に!
 プロ野球のシーズン開幕前は、野球評論家がこぞって順位予想を行いますが、戦力から見た2015年の最終順位は、多くの評論家の予想を覆したものも多くなりました。そして、チームを率いる監督の力量は、試合の勝敗を決定づけることがあり、監督の人柄や方針はチームカラーに反映されます。

 そこで、「この監督はどんな資質を持っているのか?」、「2016年は、その監督の力量を発揮できる年になるのか?」。この2つを、占星術師の千草友紀子さんが“西洋占星術”で見て、そこからパ・リーグの順位予想を行いました。野球評論家と違う切り口での順位予想を、お楽しみください。


<2016年パ・リーグ 監督の運気>



 1位:工藤公康監督(福岡ソフトバンクホークス)

工藤監督を一言で表現すると『ソフトバンクの社風にぴったり』

 工藤監督はユニークな考え方を持ち、チャレンジ精神に溢れています。ソフトバンクの社風にぴったり。メディアに対するアピール度もあり、監督業に向いています。プライベートと仕事の境目がなくても平気なので、健康面では少し気をつける必要がありそうです。

2016年の工藤監督は『親会社と同じく継続成長中!』

 昨年に引き続き、新しい試みを波風立てずに行えるので、監督としてはやりやすいでしょう。運勢的に逆風が少なく、9月中旬から下旬にかけて運気の追い風があるので、優勝に一番近いチームといっていいです。プライベートで大変なことがありそうなので、ONとOFFの過ごし方が大事な年です。

 2位:梨田昌孝監督(東北楽天ゴールデンイーグルス)

梨田監督を一言で表現すると『楽天部屋の女将さん』

 梨田監督は、人生を通じてしんどい役目が何度も巡ってきます。でもこれは監督にとっての生き甲斐なのかもしれません。相撲部屋の女将さんタイプなので、家族的な雰囲気のチームを作っていきます。穏やかな印象を受けますが、人の好き嫌いは案外はっきりしています。

2016年の梨田監督は『手腕をいかんなく発揮できそう!』

 運気の応援があり、逆風になる天体が少ないです。粘り強く成果を出してく雰囲気があります。信心深いというか、見えないものを大事にしているので、そこからの応援もあるかもしれません。

 3位:田辺徳雄監督(埼玉西武ライオンンズ)

田辺監督を一言で表現すると『持久力、持続力はものスゴイです!』

 田辺監督は、温厚で親しみやすい性格ですが、粘り強く、打たれ強い部分も持ち合わせています。アクセルとブレーキを同時に踏んでしまうような所があるので、チームの負けが込んできた時に、タイミングの読みや行動が半歩遅れてしまう場面があるかもしれません。

2016年の田辺監督は『前半の追い風にのること!』

 8月まで、運気の追い風が期待できます。この時期までにチームに余裕を持たせることができれば、上位を狙っていけるでしょう。膠着状態の時に、様子見をしないでフットワークを軽くし、策を講じていけるかどうかが鍵です。

 4位:伊東勤監督(千葉ロッテマリーンズ)

伊東監督を一言で表現すると『左遷されても返り咲く強運の持ち主』

 伊東監督は、人生において状況が急変し、生き方そのものが変わるような経験をする傾向があります。窮地に陥ると俄然スイッチが入り、底力を発揮することができます。確固たる哲学の持ち主で、力強い味方も、手強い敵も多いかもしれません。

2016年の伊東監督は『運気の難しさは自力で跳ね返す』

 先行きが見えにくい運気です。昨年同様、計画を変更せざるを得ない場面がありそうですが、マイナーチェンジンジが得意であり、危ない状況でも何とかする力を発揮できれば、プラスの方向に持っていけます。7月8月9月は、厳しい場面でも光明を見出せる時期なので、終盤が大事になってきます。

 5位:福良淳一監督(オリックス・バファローズ)

福良監督を一言で表現すると『人柄好しの人情派』

 福良監督の出生の天体の配置はシンプルです。物事を複雑化させない才能を持っています。選手の気持ちを察することができ、面倒見がよいです。また人への協力を惜しまず、多くのことを請け負い過ぎる傾向があります。

2016年の福良監督は『先見の明は期待大!』

 結果を出すよりも育てていく時期です。新たなチャレンジを多方面で出来ると、チーム力の原動力になります。福良監督には冴えがあるので、思い切った戦術や選手の起用は吉です。後半から期待できるので、8月までの順位が重要です。

 6位:栗山英樹監督 (北海道日本ハムファイターズ)

栗山監督を一言で表現すると『敏腕有能マネージャー』

 栗山監督は非常に勉強家で、陰でものすごい努力をしています。選手の些細な動きを見逃しません。気になったことは伝えておきたいので、周囲の人は口うるさく感じることがあるかもしません。メディアを狙って味方にできるので、自分自身やチームの人気につなげることができます。

2016年の栗山監督は『雨が降りそうな曇り空』

 昨年に比べると星の応援が得にくそうです。プライベートが大変そうな雰囲気があるので、仕事に集中できない時期があるかもしれません。野球に関しては、自分の方針が固まるまで殻に閉じこもる性質があるので、早めにコーチの助言に耳を傾けたり、サポートを仰いでいくとスムース感がでてきます。

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西