ニュース

“対戦成績”で見る開幕戦  Aクラス入りを目指す「広島-DeNA」

無断転載禁止
開幕戦に先発する広島のジョンソン(左)、井納翔一(右)

3月25日(金)セ・パ一斉開幕!


 プロ野球2016年シーズンの開幕日を迎えた。「143試合のうちの、たかが1試合」にあらず。開幕戦は、新シーズンを占う重要な一戦になる。

 2年連続で開幕を本拠地・マツダスタジアムで迎える広島。昨季最優秀防御率のタイトルを獲得したジョンソンが、先発のマウンドに上がる。一方のDeNAは、山口俊が開幕投手を予定されていたが、12日に行われたロッテとの二軍戦で右足首を負傷したことにより、井納翔一が務めることになった。

 広島とDeNAの対戦。果たして2016年の初陣を飾るのはどちらになるのか。両チームの対戦成績を振り返りながら見ていきたい。



 広島とDeNA、両者の直近3年間における直接対決の戦績は以下のようになる。

2015年:広島 10 - 15 DeNA
2014年:広島 15(1) 8 DeNA
2013年:広島 13 - 11 DeNA
―――
合計:広島 38 (1) 34 DeNA

 広島は2年連続でAクラス入りを果たした13年と14年は、DeNAに勝ち越したものの、昨季は10勝15敗と負け越した。それでも、直近3年間では38勝34敗1分で4つ勝ち越している。

 対するDeNAは、最近3年間マツダスタジアムのDeNA戦で、17勝18敗1分と負け越しているが、昨季は7勝5敗。敵地をそこまで苦にしていない。特に第2戦の先発が予想される久保康友は、敵地で2試合に先発して、2勝0敗、防御率0.56と抜群の相性を誇る。

 また、先発が予想される両投手の対戦成績を見てみると以下のようになる。

▼ ジョンソン vs.DeNA
2015年:4試 2勝2敗 防3.33
・梶谷隆幸 .500(8-4)
・ロ ペ ス .444(9-4)1本塁打
・倉本寿彦 .333(3-1)
・筒香嘉智 .300(10-3)
・白崎浩之 .000(5-0)

▼ 井納翔一 vs.広島
2015年:4試 1勝1敗 防4.26
・菊池涼介 .500(14-7)
・丸 佳浩 .333(12-4)
・松山竜平 .400(10-4)
・田中広輔 .200(10-2)
・エルドレッド .333(3-1)

 ジョンソンは昨季のDeNA戦、4試合に登板して、2勝2敗、防御率3.33だった。リーグ別の対戦防御率では最も悪い。その中でも、梶谷隆幸とロペスの2人には4割以上打たれている。しかし、この開幕戦では故障により、梶谷が一軍登録されていない。とにかくロペスに細心の注意を払い、自分のペースで投げていきたいところだ。

 一方、井納は広島戦の昨季成績は、4試合に登板して、1勝1敗、防御率4.26だったが、マツダスタジアムの広島戦に限れば、5月16日の試合で9回1失点に抑え、完投勝利を挙げている。自身初となる開幕戦のマウンドで、白星を挙げることができるだろうか。

 注目のセ・リーグ開幕戦・広島-DeNAはマツダスタジアムにて、3月25日(金)の18時00分にプレイボールとなる。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西