ニュース

巨人・小林が2点適時二塁打! 松井さん「言った通りのバッティングをしてくれた」

 巨人の小林誠司が25日、ヤクルトとの開幕戦(東京ドーム)で、先発の菅野智之を援護する貴重な2点適時打二塁打を放った。

 正捕手を目指す小林は、「8番・捕手」で先発出場。守りではエース・菅野智之を好リードしていたが、打撃では第1打席が右飛、第2打席が空振り三振に倒れていた。第3打席は7回一死一、二塁のチャンスで回ってくる。

 日本テレビ系で放送された巨人対ヤクルト戦のゲスト解説を務めた松井秀喜さんは「引きつけて右方向にバチンと叩くような意識で打ってほしい」と話すと、その言葉が小林に届いたのか、ヤクルトの秋吉亮が投じた外角高めのストレートを右方向に運び、二者が生還。

 小林の2点適時二塁打に松井氏は「言った通りのバッティングをしてくれました。100点満点じゃないですか」と話すと、同じくゲスト解説で出演していた原辰徳前監督も「見事。あのバッティングですよね」と昨季まで指導した小林の適時打を喜んだ。

 また、原さんは小林について「昨年は経験もしているし、バッティングも意外性がある。肩の強さは世界の中に出しても恥ずかしくない」と太鼓判を押した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西