ニュース

公式戦4試合目でパ・リーグ今季第1号 本塁打を放ったのはロッテ・鈴木大地!

無断転載禁止
今季パ・リーグ第1号を放ったロッテの鈴木大地
 ロッテの鈴木大地が29日の楽天戦で、今季第1号を放った。この本塁打が、公式戦4試合目にして今季パ・リーグ第1号となった。

  4点リードの7回、二死一塁の場面で、鈴木の第4打席が回ってくる。「後ろに繋ごうという気持ちだった」と打席に入った鈴木は、楽天の横山貴明が投じた2球目のストレートを捉え、打球はロッテファンの待つライトスタンドに飛び込む本塁打。この日の鈴木はこの1本塁打では終わらない。続く、8回一死一塁で回ってきた第5打席でも、加藤正志からライトボール直撃の第2号2ラン。1試合に2本の本塁打を記録した。

 試合後のヒーローインタビューで鈴木はパ・リーグ第1号に「嬉しいです」と喜び、2本目の本塁打については「本当に家まで無事に帰れるか心配なんですけど、喜んでおきます」とコメントした。

 今季パ・リーグ第1号は、昨季本塁打王の中村剛也(西武)、トリプルスリーを達成した柳田悠岐(ソフトバンク)、打撃好調のデスパイネ(ロッテ)ではなく、昨季6本塁打の鈴木。それも、2本の本塁打という“おまけ”つきだった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西