コラム 2016.02.03. 12:30

子煩悩でいい父親、それでも消えなかった疑惑…【清原和博・逮捕の衝撃①】

清原和博容疑者

最後まで消えなかった黒い「噂」


 噂は本当だった…。元巨人の清原和博容疑者が麻薬取締法違反の疑いで逮捕された。

 事の発端は2014年春、某週刊誌に「薬物疑惑」の記事が掲載されたことだった。当時、清原氏は現役を引退し、バラエティ番組を中心に、野球解説、パチンコ店のキャラクターなど芸能活動を主に行い、順風満々に映っていた。が、その一方で「薬」に関する噂が業界内を飛び回っていたのも事実だった。

 「足に大きな龍の刺青が入っているのは、某週刊誌に撮られてるから、世間も知っていると思うけど、肩の部分に入っている刺青は、もっとすごいよ。楕円形というか、昔の任侠映画に出てくるようなっていえば分かりやすいかな」と親しい関係者は語る。

 また、週刊誌報道にあったように、ちょうどそのころ「清原が薬をやっているらしい」「売人を探している」などの噂が飛び交った。

 バラエティ番組のプロデューサーらも、あくまで「噂」のレベルだが薬物疑惑のかかった清原氏の出演を見合わせる形となり、その後テレビから清原氏の姿は消えることになった。

 その年の9月、疑惑に輪をかけるように妻・亜希さんとの離婚を発表。愛してやまなかった愛息2人とも別れることになる。普段は本当に子煩悩の親だった。

 「子供たちが可愛くて仕方ない様子だった。次男は俺を超えるバッターになるなんて言ってたしね。息子たちの学芸会とか、イベントごとには人目を気にせずに、本当に良く行ってたよ。あんなに目立つから、普通は嫌がるのかななんて思うけど、お構いなしで、他の父兄に交じって声援送ってたりね。本当にいい父親ってかんじでしたよ」と前出の関係者。
 
 清原氏が姿を消してから約8か月。突然姿を現した。12月に行われた親友・佐々木主浩氏の野球殿堂入りパーティーだった。

 げっそりと痩せ細った姿は、集まった関係者そして報道陣を驚かせた。その変わり果てた姿に「本当に薬をやっているんじゃ…」と話す人も多かった。

 だが、実際にその場で会話をした関係者によると「ろれつも普通でしたし、確かに痩せてはいましたけど、思ったより元気そうでしたよ。冗談も言って笑ってましたし、薬物中毒には見えなかった。本当に中身はいつもの清原さんでした」と当時を振り返る。
 
 しかし、そのころ。当局が動き出していたのは誰も知る由もない…。

(2)薬物使用は「周知の事実だった」!? につづく...)

ランキング

順位表

  • セ・リーグ
  • パ・リーグ
順位チーム
1 広島 74 46 2 -
2 巨人 61 55 3 11
3 DeNA 57 62 3 5.5
4 ヤクルト 56 66 1 2.5
5 阪神 54 66 3 1
6 中日 50 70 3 4
順位チーム
1 ソフトバンク 70 43 5 -
2 日本ハム 72 46 1 0.5
3 ロッテ 62 57 1 10.5
4 楽天 52 60 3 6.5
5 西武 52 66 2 3
6 オリックス 46 69 1 4.5
セ・パ交流戦の順位はコチラ

インフォ

おすすめ