コラム

逮捕前に語った「やっぱ監督やってみたい…」【清原和博・逮捕の衝撃<完>】

無断転載禁止
もう表舞台には戻れない?清原容疑者の今後は…(C)KYODO NEWS IMAGES

問題は“この後”…影を断ち切ることができるか


 逮捕された清原容疑者。今後は厳しい取り調べを受けることになり、覚せい剤の入手経路や、交友関係等をとことん追及させるだろう。

 供述の内容などによって下される刑は変わってくるが、初犯ということもあり執行猶予付きの刑というのが一般的な見方である。

 ある捜査関係者によると、「まあ、1カ月は拘留されるだろうけど、執行猶予で出てくると思うよ。ただ逮捕時の状況を見ると、相当依存が進んでいる状態だから、何ともいえない部分はある」と話しているという。

 世間に大きな衝撃を与えたこのニュースであるが、問題はこの後だ。再犯率が非常に高いとされる薬物犯罪…。前出の関係者は言う。

 「内面が弱い人間のほとんどが、またやってしまうのが覚せい剤。中毒性もあるしね。本当に“絶つ”なら、校正施設とかに入るしかないだろうね。清原の場合は、周りの人間関係も悪そうだし、出てきて今までと変わらぬ環境で生活したら、まあアウトだろうね」。


「いつかはユニフォームを」…清原が歩む道とは


 もちろん、野球界にはもう簡単には戻れない。昨年の野球賭博問題から不祥事続きのプロ野球界だけに、いっそう警戒を強めるだろう。巨人やオリックスはもちろんのこと、全球団出入り禁止…。現役選手にも一切かかわらぬよう指示が出る可能性も高い。

 「いつかはユニフォームを着たいんや。コーチでもええけど、やっぱ監督やってみたいわな」

 逮捕前、清原容疑者はこう話していた。しかし、もう清原のユニホーム姿は見ることはできない。


 2014年に薬物報道疑惑が出たときのこと。清原はその反論記事を掲載するよう、自ら出版社などに記事の掲載を求めにいったという過去がある。

 拘置所から出てきた際には、マスコミ各社は執拗に追いまわし、取材熱はさらに増すことになるだろう。写真週刊誌はもちろん、警察からも徹底マークを受けるはずだ。

 「自分のイメージを過度に気にする人だから。自分は更生しますなんて、テレビに出たりするのかな?やめてほしいけどね。ただ、足のけがをしたときも、医者からはもう野球は無理って言われながら根性で復帰したし、その根性を自身の更生に使ってほしい。もう1度だけ信用したい」。清原に近い関係者は話す。

 さらに、「見栄を張る一方で、精神的には結構弱い人だからね。変なこと考えなければいいけど…」と付け加えた。

 世間の信用を失い、野球界への道もほぼ絶たれた。一体清原はどうなってしまうのか?その答えは、清原本人しか知らない。
 
<完>

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西