ニュース 2017.04.05. 16:35

巨人・村田真ヘッド開幕4連勝に「いいスタートが切れた」

 巨人の村田真一ヘッドコーチは5日、ここまでのチームの戦いぶりを振り返った。

 巨人はオープン戦で12球団ワーストの5勝14敗と大きく負け越したが、シーズンが開幕してから無傷の4連勝。村田真ヘッドコーチは「接戦のゲームをモノにできて、いい形でスタートが切れている」と話す。

 4連勝と最高のスタートを切ったが、4日の試合では、中井大介、立岡宗一郎と1、2番を務めた選手たちが送りバントを失敗。村田真コーチは「我々も口で指示を出していますが、本人もこちらが言わずとも十分わかっているはず。今日も球場入りする前にジャイアンツ球場でバント練習をしてきたと聞きました」と教えてくれた。

 選手たちは連勝に浮かれることなく、前夜の失敗を反省し、課題を克服しようとする姿を見せる。今日もDeNAに勝利して、連勝を伸ばすことができるか注目だ。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM