ニュース

巨人・井端コーチ、菅野のグラブトスに「あれもセンス」

無断転載禁止
8回一死満塁、ヤクルト・山田の投ゴロを菅野(右)が本塁へグラブトスし、三走武内を封殺。捕手小林=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
 巨人の井端弘和内野守備走塁コーチが、16日のヤクルト戦の8回、グラブトスで失点を防いだエース・菅野智之のプレーを絶賛した。

 4点リードの8回一死満塁の場面、菅野は山田のボテボテの投ゴロに素早く反応し、グラブトス。ベンチで見ていた井端コーチは「微妙なタイミングだったので、どうかなと思った」と話したが、菅野の素早いトスで本塁フォースアウトとなり失点を防いだ。

 井端コーチはこのプレーに「菅野のグラブに完全にボールが収まっていなかったし、それでホームにトスしてしっかりキャッチャーのところに届くのだから、あれもセンスなんでしょうね。彼のファインプレーではないかと思います」と称賛。

 山田を投ゴロに仕留めた菅野は、続く4番・雄平を三ゴロに打ち取り、このピンチを無失点でしのいだ。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM