ニュース

ロッテ、2戦連続完封負け 大矢氏「点を取りにいく姿勢を」

無断転載禁止
ロッテ・伊東勤監督
○ 巨人 8 - 0 ロッテ ●
<2回戦 東京ドーム>

 ロッテは2試合連続完封負けで、借金が6年ぶりに24となった。

 ロッテは先発・二木康太が4回3失点で降板すると、後受けてマウンドにあがった大嶺祐太、益田直也、土肥星也の3投手がいずれも失点。

 打線も巨人の先発・田口麗斗を前に4安打、得点を挙げる事もできなかった。これでロッテは23イニング連続無得点と極度の貧打に泣く。

 打線が苦しい状況の中、先日加入したペーニャがこの日から一軍に合流。ロッテの伊東勤監督は試合後、ペーニャについて「これから考えます。守れれば今日にでも使いたかったんだけど、守備に不安なんでその辺ですね。指名打者制があればいいんですが、明日まではセ・リーグ主催試合のゲームですからね」と話した。

 このコメントを受け同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ロッテ戦』で解説を務めた大矢明彦氏は「(ペーニャをスタメンに)入れちゃったらどうですか、ファーストに」とペーニャ起用を強く推薦。続けて「点が取れないんだから、点を取りにいくことが凄く大事。リスクを負っても点を取りにいく姿勢を見せて欲しい」とロッテ打線に奮起を促した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM