ニュース

谷繁氏、DeNA・三上は「この状況で投げられる投手じゃない」

無断転載禁止
DeNAの三上朋也
 試合前まで防御率5.01と不安定だったDeNAのセットアッパー・三上朋也が、巨人の陽岱鋼に3ランを浴びた。

3点リードの7回からマウンドにあがった三上は、一死後、宇佐見真吾に四球、代打・橋本到に二塁打を浴び、二・三塁のピンチを招く。ここを何とか抑えたいところだったが、陽岱鋼に3ランを打たれてしまい、同点に追いつかれた。

 18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた谷繁元信氏は「今年の三上は球が軽いんだと思います」と指摘。打たれている原因について「下半身が使えていない。上半身だけで投げているからボールが軽い。だから簡単に飛んでいくんですよ」と分析した。

 「シーズンが進んでくると、ある程度今年の選手の象徴する数字になりますよね。この防御率で、この状況で投げられる投手じゃないと思うんですよ」と厳しかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM