ニュース

田尾氏が期待を寄せる中日・高橋周平

無断転載禁止
中日の高橋周平
「1年目を見た時の衝撃が今も忘れられない。それぐらい高卒1年目の彼のスイングは凄かった」。

 27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-中日戦』で解説を務めた田尾安志氏は、高橋周平(中日)のルーキー当時の打撃を振り返り、そうコメントした。

 高卒1年目から一軍で本塁打を記録していたが、2年目以降は毎年のように活躍を期待されながら、レギュラー定着には至らなかった。今季は5月4日に一軍初昇格を果たしたが、打撃でアピールができず同月18日に抹消。二軍で再び汗を流し、8月15日に再昇格を果たした。

 再昇格後も12打席ヒットがなかったが、8月22日の巨人戦で今季第1号本塁打を放つと、この試合から3試合連続でヒットを記録するなど復調気味。27日に行われた広島戦の試合前練習で高橋の打撃を見た田尾氏も、「ちょっといい形になってきたぞというところがあった」と話す。

 また、今までは「腕で振っているようにしか見えなかった」が、この日は「バットが体に巻き付くというか、グリップがあんまり離れずに上手くヘッドが利くようなスイングになっていた」と評し、「本当にうまくいけばクリーンナップをずっと任せられる器の選手。何とか育ってほしい」と今後の活躍に期待を寄せた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM